• このエントリーをはてなブックマークに追加

食べログへの掲載によるアクセス数アップの活用方法

食べログへ掲載されることで、お店に関するアクセス数アップが見込めるようになります。飲食店を探す場合、店名を調べることになりますが、ただ名前だけが登場をしてきても、どういう店なのか、いくらぐらい必要なのか、そもそも雰囲気はどうなのかなど、色々とわからないことだらけです。そうした場合、これらの情報が細かく載っている方がかなりプラスに働きます。 こうしたことでアクセス数アップに成功した場合、それをいかに活用するかが店側に求められます。評価をされることだけでなく、実際に来てもらうこと、関心を示してもらうこと、宴会プランが魅力的であることなどをアピールすることが大事です。そのためにも存在しており、うまく有効活用をして、多くの人を店に招きたいところです。

集客がしやすくなる時間帯がわかる

新たなメニューやプランを効果的な時に出したい場合、また、期間限定のイベントなどを行いたい場合、多くの人が閲覧をするタイミングでそれを出すことがベストです。食べログへの掲載をすることで、サイトへ訪問をする人の数、予約数などを管理することができます。1か月分の傾向がはっきりとわかるため、それを見ながら計画を立てていくことができるようになります。 例えば、給料日前には安い値段で食べてもらえるようなものを用意する、週末は宴会などに特化したサービスを始める、閑散期には昼間でも来てもらえるようにプランを考えるなどのことができます。効果測定はサイトのアクセス数や予約数などで判断をすればいいため、数字として判断しやすいのも特徴です。集客がしやすい時間帯、曜日がわかります。

店の詳細な情報を載せて興味を持たせる

人によっては、店の中が雑然としているようなところは受け入れられないという人もいます。また、デートなどで雰囲気のいいところを探している人もおり、店の詳細な情報があれば、それだけ食いつきを見せることとなります。食べログへの掲載をすることで、店の詳細な情報を写真などで載せることができます。料理の写真や店内の様子、従業員の様子などがわかれば、お客さんは安心してくれることになります。 自前のブログなどでもこうしたことはできるかもしれませんが、近隣のお店を検索した人に表示される、近隣店のページのところに自らのお店が載ることもあるため、ブログでも十分効果があるコンテンツに加え、そこに導線を設けることで、アクセス数アップを見込むことができます。単に周辺の店を調べた人をお客さんとして出迎えるために、活用をしていくことが可能です。